知覧茶、頴娃茶、川辺茶を

「知覧茶」に統一

南九州市の茶業は約350年の歴史を経て、平成19年12月南九州市誕生と同時に国内最大級の”お茶の産地”となりました。

現在3,426ha(東京ドーム732個分)の広大な茶園で726戸の生産者、112の茶工場が丹誠込めて約12,900t(国内の約15%)の荒茶を生産しており、生産額は約134億円を誇ります。

また、全国・鹿児島県茶品評会等で産地賞や農林水産大臣賞等の特別賞を連続で受賞し、さらに、お茶の安全性や品質管理を行う、GAPやISO、JAS有機等の第三者認証についても積極的に取り組み、76の茶工場が認証を取得しており、全国の茶業関係者から大きな期待を寄せられている産地となっています。

Facebook News

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

3 days ago

知覧茶

頴娃地区の茶園機械化研究会の研修会が開催されました。7月恒例の茶摘採競技大会が、避難勧告が出された豪雨で中止になり、お披露目が遅れましたが、新しい機械の照会がありました。スマート農業を実践するため、より楽しく重労働を軽減できる機械が開発され、子供のように目を輝かせている研究熱心な農家を目の当たりにし、まだまだやる気が溢れている姿が実に頼もしく感じました。💪 ...

1 week ago

知覧茶

第10回知覧茶アドバイザー養成講座の全課程を終了!
★新たに34名の知覧茶アドバイザーが誕生しました。
<第4回目>
最終日(9/7)は、JA南さつまにて仕上げ工場見学、雑学を学び、そして、マイブレンド茶を自分で作るなどの体験を行いました。やぶきた、ゆたかみどり、あさつゆ、などの品種を混ぜ合わせてみた受講生は、品種の割合を変えるだけで、色んなお茶の味を楽しめた。とても楽しかったと喜んでいました。
お茶アドバイザーは現在、245名になりました。今後は、今回の講座で習得されたお茶の知識を更に深めていただくとともに、知覧茶イベントや出品茶応援など色んな場において、参加いただき、茶業者とともにお茶の消費拡大にご協力いただきたいと思います。
...

2 weeks ago

知覧茶

9/14(土)・15(日)知覧平和公園内にて「燃ゆる感動かごしま国体ソフトボール競技リハーサル大会」第71回全日本総合女子ソフトボール選手権大会が開催されます。
日本のソフトボール大会の中でも最も歴史と伝統があり、権威のある大会で、世界トップレベルの選手が多数参加し、真の日本一を目指します。
また、ふるまいや売店ブースも設けられ、お茶の試飲・販売も行われます。お茶関係では、JAいぶすき、山下緑茶園、芳香園が出店し、美味しい知覧茶でお迎えしますので、是非、多くの方のご来場をお待ちしております。
...

9/14(土)・15(日)知覧平和公園内にて「燃ゆる感動かごしま国体ソフトボール競技リハーサル大会」第71回全日本総合女子ソフトボール選手権大会が開催されます。
日本のソフトボール大会の中でも最も歴史と伝統があり、権威のある大会で、世界トップレベルの選手が多数参加し、真の日本一を目指します。
また、ふるまいや売店ブースも設けられ、お茶の試飲・販売も行われます。お茶関係では、JAいぶすき、山下緑茶園、芳香園が出店し、美味しい知覧茶でお迎えしますので、是非、多くの方のご来場をお待ちしております。

2 weeks ago

知覧茶

9/1(日)知覧体育館において、南九州市子ども会育成連絡協議会主催による「子ども会フェスティバル」が開催されました。
協議会発足から、各地域の子どもたちが体験活動を通じて交流を図ることを目的に毎年9月の第1日曜日に実施しています。
頴娃支部の茶業青年も毎年参加しており、子どもたちにお茶の茶種あてゲームなど、お茶について子どもたちと楽しい1日を過ごしました。
今後も様々なイベントに参加し、お茶とのふれあいによる活動を継続していきたいです。
茶業青年の皆さんご苦労様でした。
...

2 weeks ago

知覧茶

先週、鹿児島県茶品評会の審査結果発表があり、普通煎茶の部で南九州市が産地賞優勝🏅・農林水産大臣賞三連覇を達成しました。経営改善コンクールでも農林水産大臣賞を受賞しました。🏆来年は、全国茶品評会が鹿児島県で開催されますが、レベルアップを図り、優勝旗を頂けるよう生産者、関係者一体となって頑張ります。応援宜しくお願いします。 ...

先週、鹿児島県茶品評会の審査結果発表があり、普通煎茶の部で南九州市が産地賞優勝🏅・農林水産大臣賞三連覇を達成しました。経営改善コンクールでも農林水産大臣賞を受賞しました。🏆来年は、全国茶品評会が鹿児島県で開催されますが、レベルアップを図り、優勝旗を頂けるよう生産者、関係者一体となって頑張ります。応援宜しくお願いします。Image attachmentImage attachment
Load more

知覧茶、頴娃茶、川辺茶を

「知覧茶」に統一

平成19年に頴娃町、川辺町、知覧町が合併し「南九州市の誕生」が誕生。これにより、南九州市は市町村単位で「日本一のお茶生産量を誇る町」となりました。

平成28年度末まで頴娃・知覧・川辺の旧3町の茶業者は、それぞれが誇りと責任をもって長年独自のブランドで茶業に取り組んできました。

これから未来永劫に茶業が繁栄することを誓い、茶業者が心一つに南九州市の茶銘柄を平成29年4月より「知覧茶」に統一する歴史的な第一歩を踏みだしました。

新着情報

最新のお知らせはこちらへ

知覧茶を育む大地

大地・海・火・陽の恵みを受けて

鹿児島県南九州市の豊かな自然、地形、天候が見事に融合し恵まれた条件下で育てられた知覧茶。それは土壌、水、火、陽、風といったあらゆる自然条件に恵まれたことで、最高品質の多様な品種の生育が可能となっています。

知覧茶は海と山々に挟まれた急峻(きゅうしゅん)な丘陵地やかつての火山である開聞岳の裾野で、南太平洋の温暖な風がもたらす暖かく湿潤な気候の恩恵を存分に受けてすくすくと育ちます。

自然の恩恵を存分に吸収した茶葉一枚一枚を持つお茶の木。その生育は大変良く、深い味わいと極上の味と香りを引き出す見事なお茶を創り出します。

世界中どこにいても知覧茶を一口すする度に、この豊かな大地と美しさが皆さんの目の前に広がることでしょう。

南九州市のインスタグラムフェイスブックページのフォローもお忘れなく。美しい景色の写真や最新情報をお楽しみください。

アクセス

地図

南九州市へおじゃったもんせ!

 

 

Minami Kyushu

Pin It on Pinterest

Share This