知覧茶、頴娃茶、川辺茶を

「知覧茶」に統一

南九州市の茶業は約350年の歴史を経て、平成19年12月南九州市誕生と同時に国内最大級の”お茶の産地”となりました。

現在3,426ha(東京ドーム732個分)の広大な茶園で726戸の生産者、112の茶工場が丹誠込めて約12,900t(国内の約15%)の荒茶を生産しており、生産額は約134億円を誇ります。

また、全国・鹿児島県茶品評会等で産地賞や農林水産大臣賞等の特別賞を連続で受賞し、さらに、お茶の安全性や品質管理を行う、GAPやISO、JAS有機等の第三者認証についても積極的に取り組み、76の茶工場が認証を取得しており、全国の茶業関係者から大きな期待を寄せられている産地となっています。

Facebook News

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

2 days ago

知覧茶

3月25日、頴娃茶業青年の皆さんが、「南九州市新茶まつりin えい」に奉納するお茶の手摘みを行いました!
今年も心のこもった、良質なお茶が仕上がりました🙂
鮮やかな、緑の美しいお茶をご覧ください!
...

6 days ago

知覧茶

新茶の摘みとりがいよいよ間近に迫ってきました!💓この時期、茶農家は期待と不安が交差しテンションが上がってきます。今日の知覧は20℃越えの暖かさ・・・暑さです。😅栽培面積の一番多い品種 頴娃地域の「ゆたかみどり」は新芽が順調に伸びてきています。ゆたかみどりの、キュートな新芽をご覧ください。 ...

2 weeks ago

知覧茶

南九州市茶業振興会総代会開催!
3月17日(火)、頴娃文化会館にて茶業振興会総代会が開催され、令和元年度の事業報告・決算に続き、2年度の事業計画、および全国お茶まつり鹿児島大会の予定等が報告されました。例年なら南九州市の生産者が集う一大イベント。今年は新型コロナウィルス感染症の影響で、振興大会と懇親会は中止し、総代会終了後に表彰式のみ行われ、茶業功労者および各種茶品評会で優秀な成績を収めた方々が表彰されました。3月も後半、いよいよ新茶シーズン目前となりました!全国お茶まつりに向けて、今年も消費者の皆さんから愛されるお茶づくりに南九州市茶業振興会一体となって、励んでいきます。皆様の益々のご声援をよろしくお願いいたします。
...

2 weeks ago

知覧茶

開門岳をバックに、美しい頴娃地域の新芽がひょっこり顔を出しています。
今年も全国品評会出品茶用の萌芽調査がはじまりました。今日は茶業関係者が頴娃地区を巡り、出品茶を出す茶園のやぶきたとさえみどりの萌芽状況を調査しました。いよいよあと1か月でお茶摘みです!
...

開門岳をバックに、美しい頴娃地域の新芽がひょっこり顔を出しています。
今年も全国品評会出品茶用の萌芽調査がはじまりました。今日は茶業関係者が頴娃地区を巡り、出品茶を出す茶園のやぶきたとさえみどりの萌芽状況を調査しました。いよいよあと1か月でお茶摘みです!Image attachmentImage attachment

3 weeks ago

知覧茶

Project-based Learning & Networking Event in Tokyo

On the 1st of February 2020, a cross-industry exchange and networking event focusing on Chiran tea was held in Tsukiji Tokyo, inviting 16 dynamic players from a range of industries, such as IT, media, marketing, café owner, travel and so forth.

The purpose of this event was to share and to solve various problems involving Chiran tea producers and to discuss about its great potentials and future prospects. Participants had lively discussions and exchanged ideas between producers and consumers. Three green tea producers in Chiran, technical advisor & coordinator, and government officers flew to Tokyo to join this event to make a presentation to share their current situation and challenges with all the participants.

At the end, everybody agreed to cooperate with each other to produce various projects that are attractive both for consumers and producers, by taking full advantage of their local resources and networks in Chiran, and to maximize the potential of Chiran tea market, not only in Japan, but also around the world.
...

Load more

知覧茶、頴娃茶、川辺茶を

「知覧茶」に統一

平成19年に頴娃町、川辺町、知覧町が合併し「南九州市の誕生」が誕生。これにより、南九州市は市町村単位で「日本一のお茶生産量を誇る町」となりました。

平成28年度末まで頴娃・知覧・川辺の旧3町の茶業者は、それぞれが誇りと責任をもって長年独自のブランドで茶業に取り組んできました。

これから未来永劫に茶業が繁栄することを誓い、茶業者が心一つに南九州市の茶銘柄を平成29年4月より「知覧茶」に統一する歴史的な第一歩を踏みだしました。

新着情報

最新のお知らせはこちらへ

知覧茶を育む大地

大地・海・火・陽の恵みを受けて

鹿児島県南九州市の豊かな自然、地形、天候が見事に融合し恵まれた条件下で育てられた知覧茶。それは土壌、水、火、陽、風といったあらゆる自然条件に恵まれたことで、最高品質の多様な品種の生育が可能となっています。

知覧茶は海と山々に挟まれた急峻(きゅうしゅん)な丘陵地やかつての火山である開聞岳の裾野で、南太平洋の温暖な風がもたらす暖かく湿潤な気候の恩恵を存分に受けてすくすくと育ちます。

自然の恩恵を存分に吸収した茶葉一枚一枚を持つお茶の木。その生育は大変良く、深い味わいと極上の味と香りを引き出す見事なお茶を創り出します。

世界中どこにいても知覧茶を一口すする度に、この豊かな大地と美しさが皆さんの目の前に広がることでしょう。

南九州市のインスタグラムフェイスブックページのフォローもお忘れなく。美しい景色の写真や最新情報をお楽しみください。

アクセス

地図

南九州市へおじゃったもんせ!

 

 

Minami Kyushu

Pin It on Pinterest

Share This