みんなの熱い力で、最高級茶を!

みんなの熱い力で、最高級茶を!

日本のいたる所で桜の花の舞い散る季節、南九州市は新茶を摘み取る時期です。 4月になると、茶畑では新芽たちが可愛らしく無数の顔を覗かせ、風と戯れます。市内の眺望の利く丘から眺めると、さながら大きな緑の絨毯といった感じで“アラジン~魔法の絨毯~”そのものです。 そんな今、南九州市内では全国茶品評会・県茶品評会の出品茶づくりが行われています。出品茶づくりに心血を注ぐ茶農家やその家族が特別な肥培管理のもと、わが子のように大事に育てた新芽を、農家はもちろん県やJA、市の職員までもが協力し丁寧に摘み取っていきます。...

Pin It on Pinterest