お茶の成分

7

12月,2018

お茶の成

最新の投稿

アーカイブ

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       

お茶の成分と効能

多糖類

多糖類(ポリサッカライド)は血糖値を下げる作用があるとが最近の研究からわかりました。番茶に多く含まれています。

フッ素

フッ素が多く含まれるため、食後に飲むだけで虫歯予防になります。

ビタミン

緑茶のビタミンC(煎茶で平均100g中250mg、レモンの約5倍含まれています。)
肌荒れを防ぎ美白効果、血管や細胞を強化する作用があります。

カフェイン

カフェインは判断力や記憶力を高めたり気分転換や疲労回復に効果があります。
(10時、3時のお茶で効率アップ)

テアニン

"「テアニン」は緑茶の旨味成分でアミノ酸の一種
およそ60%を占める。
お茶を飲むと気持ちが落ちつくのは、テアニンの効果であることが、最近の研究でわかってきた。そのほか、血圧低下作用のあることも明らかになった

カテキン

抗酸化作用
カテキンはポリフェノールの仲間(ワインの100倍、ココアの50倍で 自然界の食品の中で一番の抗酸化力を誇ります)、抗酸化作用があり、老化や生活習慣病に対する予防にも注目されています。

抗菌作用
C抗菌・抗ウィルス作用
(応用例としては、下着などの衣料、マスクや寝具、その他の抗菌グッズ或いは空気清浄機や空調機のフィルターなど)
虫歯原因菌への抗菌作用、菓子やチューインガムへの応用例があります。

消臭力
消臭力は、通常消臭剤として利用されている活性炭の3倍以上の効果が立証されています。

Pin It on Pinterest

Share This